PR

【広島県】大竹市で外壁塗装の助成金、補助金を受ける方法

外壁
この記事は約3分で読めます。

広島県大竹市では外壁塗装の助成金、補助金が受ける事が出来ます。
その詳細をご紹介します。

大竹市の外壁塗装の助成金、補助金

広島県大竹市には「大竹市住宅リフォーム事業」の制度があります。
これを利用すれば、外壁塗装で助成金を受け取る事が出来ます。

「大竹市住宅リフォーム事業」はリフォーム工事の費用の一部を補助する制度です。

大竹市住宅リフォーム事業

制度名
大竹市住宅リフォーム事業

補助種別
1.住宅リフォーム
2.耐震改修リフォーム
3.空き家住宅リフォーム

対象者
・市内に居住している方、もしくはこれから居住しようとする方
・市税等を滞納していない事
・同一世帯に市税等を滞納している方がいない事

対象住宅
・自らが居住する為に建築後1年以上経過した住宅または共同住宅

対象工事
・市内に本社機能を有する建築業者等による工事である事
・工事費が30万円以上である事

申請時期
着工前

補助金額
1.住宅リフォーム:10%(限度額:20万円)
2.耐震改修リフォーム:10%(限度額:30万円)
3.空き家住宅リフォーム:10%(限度額:30万円)

問い合わせ先
建設部 都市計画課 建築住宅係
〒739-0692 大竹市小方一丁目11-1
TEL:0827-59-2168

補助金っていくら貰えるの?
「うちの場合、実際のところ、いくら貰えるの??」
そんな時は外壁塗装 相場算定AIツールがおすすめです。
チャット形式の質問に答えるだけで、補助金の金額が補助金に対応してくれる専門業者まで教えてくれます。
もちろん、利用は無料です。
⇒ 外壁塗装 相場算定AIツール【ヌリカエ】
補助金が気になる方はまずは、こちらでチェックしておくのがお勧めです。

「大竹市住宅リフォーム事業」を利用する方法と流れ

申請に必要な書類等

工事着工前
・大竹市住宅リフォーム事業補助金交付申請書
・大竹市住宅リフォーム事業補助対象チェックシート
・大竹市住宅リフォーム補助事業 工事計画書
・工事請負契約書等の写し

工事完了後
・大竹市住宅リフォーム事業完了報告書
・大竹市住宅リフォーム事業事業報告書
・工事写真
・住民票謄本(補助対象住宅に新たに居住しようとしている申請者に限る。)
・工事請負契約書の写し
・工事代金を支払ったことが分かる領収書等の写し
・大竹市住宅リフォーム事業請求書

「大竹市住宅リフォーム事業」を利用する流れ

「大竹市住宅リフォーム事業」を利用する流れ
  • step1
    交付申請

    工事着工前に担当部署(建設部 都市計画課 建築住宅係)に下記の書類を揃えて申請します。
    ・大竹市住宅リフォーム事業補助金交付申請書
    ・大竹市住宅リフォーム事業補助対象チェックシート
    ・大竹市住宅リフォーム補助事業 工事計画書
    ・工事請負契約書等の写し

  • step2
    審査

    申請に不備が無いか、審査されます。

  • step3
    交付決定の通知

    審査の結果が「交付・不交付決定通知書」により通知されます。
    *交付決定以降は補助希望額の増額は出来ません。

  • step4
    工事着工

    「交付決定通知書」を受け取ってからリフォーム工事に着工します。
    *交付決定前に着工した場合は補助対象外

  • step5
    工事完了
  • step6
    完了実績報告書を提出

    工事完了後、下記の書類を担当部署(建設部 都市計画課 建築住宅係)に提出します。
    ・大竹市住宅リフォーム事業完了報告書
    ・大竹市住宅リフォーム事業事業報告書
    ・工事写真
    ・住民票謄本(補助対象住宅に新たに居住しようとしている申請者に限る。)
    ・工事請負契約書の写し
    ・工事代金を支払ったことが分かる領収書等の写し

  • step7
    審査

    申請に不備が無いか、審査されます。

  • step8
    交付額確定通知書の通知

    審査の結果が「補助金交付額確定通知書」により通知されます。

  • step9
    請求書の提出

    補助金の請求の為に、下記の書類を担当部署(建設部 都市計画課 建築住宅係)に提出します。
    ・大竹市住宅リフォーム事業請求書

  • step10
    補助金の交付

    不備が無ければ、後日、指定口座に補助金が振りこまれます。

外壁塗装を安く抑える方法

外壁塗装を安く抑えるには助成金、補助金はとてもありがたい制度です。
ですが、それ以外にも外壁塗装を安く抑える方法はあります。
中でも、まず確認しておきたいのが火災保険を利用する方法です。

火災保険は「火災」と言う名称がついていますが、火災の時にしか使えないわけではありません。
実は風災や水災、落雷や雹による破損など、火災以外でも利用できる事があります。

もちろん、全ての場合に適用されるわけではありませんが、思っている以上に適用範囲が広いのです。
最大で外壁塗装の「50%の費用の保険金が下りた」と言う例も少なくありません
必ず事前に確認しておく事をお勧めします。

うちの場合は火災保険が使えるの?

「保険金が使えるか?」確認したい方はこちらを使うと便利です。
チャット形式の質問に答えるだけで最短45秒で診断してくれます。
もちろん、無料です。
⇒ 無料で診断する

失敗しないで、簡単に優良施工業者を探す方法

通常、施工業者を選定するにはインターネット等を利用し、まず見積もり候補の業者を複数探します。
次に、相見積もりを取り寄せて、内容を検討し、契約する業者を選定します。

ただし、この方法は非常に時間と手間を必要とします。

それよりもおすすめは専門家にアドバイスをもらいながら、優良業者を紹介してもらう方法です。
この方法であれば、時間と手間をかけずに助成金、補助金を利用する事が出来ます

例えば、こちらの専門サイト。

⇒ 外壁塗装パートナーズ 

日本で唯一建築士が運営している外壁塗装の一括見積サイトです。
こちらを利用すれば、専門家のアドバイスが貰えるだけではなく、条件に合った優良業者を複数紹介してくれるので見積もりを取るにもとても便利です。

更に、第三者機関として、業者との間に入ってくれるので、日程調整や見積もり後の断り代行もしてくれます。
もちろん、利用は無料です。

このようなサイトを上手く利用すれば、手間と時間をかける事なく優良業者を見つける事ができるので、外壁塗装の出費を抑える事できます。
良かったら参考にしてみてください。

外壁助成金、補助金
mtをフォローする
快適生活の手引き

コメント

タイトルとURLをコピーしました