畳を張り替えるには?【その要領や流れなど】

畳の張替え
この記事は約4分で読めます。

「そろそろ畳変えないとなぁ・・・」
「でも、どこで頼めば良いの?」
「どうすれば良いんだろ??」

最近は洋風の家が増え、一昔前に比べると畳の需要も減り、畳が一般的とは言いにくくなりました。
その為に、こんな悩みをお持ちの方は少なくありません。
そこで、ここでは畳を新しく張り替える為の要領や流れなどをご紹介したいと思います。

畳を新しく張り替える時の流れと要領

畳張替えの流れ
  • Step1
    複数の業者さんに畳診断を依頼する
  • Step2
    畳診断をしてもらう
  • Step3
    複数の業者さんに見積もりをしてもらう
  • Step4
    依頼する内容、業者を検討する
  • Step5
    決めた業者に依頼する
  • Step6
    訪問日当日
  • Step7
    納品日

複数の業者さんに畳診断を依頼する

まずは現状の畳を専門家に診断してもらいましょう
と言うのは畳を新しくするには大きく3つの方法があるからです。
「畳表の裏返し」「畳表替え」「畳の新調」

この中でもっともリーズナブルなのが「畳裏返し」です。
続いて、「畳表替え」「畳の新調」となります。

ただ、現状の畳によってどれが可能かは素人が判断するのは難しいところがあります。
その為に、専門の業者さんに診断してもらうのが最も良い方法です。

業者さんは現状の畳の状態を見て、最も最適な張替え方法を提案してくれるでしょう。

ただし、最近は一見さんを相手にした悪徳業者がいるのも事実です。
その為に、まず、最初に「畳診断、見積もりが無料か?」
これを必ず確認してください。

良心的な業者さんであれば、診断は無料でしてくれます。
逆に言えば、無料で診断してくれない業者さんとは関わらない方が良いです。

そうして、複数の業者さんに畳診断を依頼します。

畳診断、見積もりを依頼する業者の選び方

畳診断、見積もりを依頼する業者さんは出来れば、店舗に足を運ぶのがベストです。
店舗を見れば、何となく、どんな作業をしているのかが分かります。
逆に店舗やショールームが分かりにくい業者さんは避けた方が良いです。
また、近くに畳店が見当たらない場合はインターネットを使い大手の畳業者に連絡するのがお勧めです。

畳診断を依頼する時のチェックポイント

・畳診断、見積もりが無料か?
・契約の依頼は後日でも可能か?
・訪問者は誰か?(提携している畳屋か?自社のスタッフか?)
・サンプルの持参は可能か?
・訪問日、時間の決定

畳診断をしてもらう

訪問日に専門家に来てもらい、畳の状態を診断してもらいます。

畳診断の時のチェックポイント

・現状どんな状態か?
・どんな新しくするにはどんな方法が良いか?
・その理由は何故か?

複数の業者さんに見積もりをしてもらう

畳の診断をしてもらったら、次に見積もりをしてもらいます。
実際には「畳の診断⇒見積もり」と言う流れに自然になります。
ただし、先ほどもお話ししたように必ず、複数の業者さんに見積もりを依頼する事が大切です。
決して、安さに飛びついて一社で契約をしないようにしましょう。
後々大きなトラブルになる可能性があります。

見積もり時のチェックポイント

・畳のランクによる金額の違い(ランクを自由に選べるように)
・料金の内訳
・作業以外の費用の有無(家具の移動料金や配送料、出張費など)
・サンプルの確認
・補償の有無
・アフターフォローの有無
・支払い方法と支払日の確認
・作業期間の確認(即日仕上げか?後日納品か?)

依頼する内容、業者を検討する

提案された見積内容を検討し、依頼する商品、業者さんを決めます。
ポイントは金額だけで決めない事です。
特に重要な事は支払日とアフターフォローです。
支払日は必ず、畳を納品してもらい、作業の完了を確認した時にするようにしましょう。

本来、畳は耐久性に優れています。
今後、数年間使う大切な物です。
いい加減な作業だと、後々まで後悔する事になります。

その後のアフターフォローが期待できるところを選びましょう。
補償がついていれば、ベストです。

検討時のチェックポイント

・料金の支払い方法と支払日
・補償の有無
・アフターフォローの期待度
・予算と品質、金額の比較

決めた業者に依頼する

決定した業者に連絡し、作業を依頼します。
ただし、依頼する前に再度、見積内容の確認と支払日は確認するようにしましょう。

依頼時のチェックポイント

・見積内容の再確認
・料金の支払日を再確認
・訪問日の決定
・訪問日の要領の確認(準備しておく必要がある事)

訪問日当日

業者さんに立ち会い、畳を引き取ってもらいます。

訪問日のチェックポイント

・支払い方法、金額の再確認
・納品はいつか?

納品日

納品を立ちあって、新しい畳をチェックします。
問題がなければ、支払いをします。

納品日のチェックポイント

・畳表のチェック
・畳縁のチェック
・歩き心地や音のチェック
・段差の調整

まとめ

いかがですか?
畳を新しく張り替える流れはイメージできたでしょうか。

畳は耐久性のある物ですから、一度新しくすると数年は必要がありません。
その為に後悔しないように信頼できる業者に依頼する事がとても大切です。

安さに飛びつくと結局は高い買い物をする羽目になる事が少なくありません。
悲しい事ですが、悪徳業者が後を絶たないのが現実です。

ただ、逆に大手の人気畳店では品質が高まり、リーズナブルな料金で畳を新しくする事が出来ます。
良い業者さんを見つけて、畳の魅力を存分に楽しんでくださいね。

探せばあった!人気の優良畳業者さん。

悪徳業者のトラブルが絶えない畳の張替え・・・
そんな中、発注が止まない人気の畳業者さんもあるんです。

それは三条たたみです。
まだ、業者さんが決まっていないなら、一度見積もりを依頼してみてはどうでしょう。

畳診断、見積もりはもちろん無料です。

三条たたみが人気の理由
・畳製造日本一
・全国シェアNO1
・取引件数100万件突破
・確かな技術(畳一級技能士所属)

特におすすめなのが業界初の「畳の一年間無料補償付き」!
作業後にトラブルが起こりがちな畳の張替えも、補償があれば、安心です。

畳の張替え
mtをフォローする
快適生活の手引き

コメント

タイトルとURLをコピーしました